朝カフェ勉強の費用対効果が良い

今週末に生命保険の専門課程試験があります、らんちゃん(@dochan_r)です。こんばんは。

 

生命保険会社に勤める人は「生命保険一般課程」の合格者であることが条件(わたしは入社後研修で試験を受けました)なのですが、専門課程の受験は任意。

保険の仕組みって複雑ですけど、勉強になることや楽しい部分もあるので興味本位で専門課程試験を受けることにしました。

3週間くらい前から「朝1時間勉強する」と決めて出勤する前に生保の専門課程の勉強を始めました。

朝の出勤前にカフェにこもってテキストを進めているのですが「朝勉」がめちゃくちゃ生産性高い!!

 

朝に勉強をするメリット

朝勉してみて体感したメリットです。

 

時間を効率的に使える

やるべきことを朝に片付けちゃうことで、そのあとを有意義に過ごせます。

仕事に疲れた後に勉強ってとてもしんどいですよね。

朝にササっとやることで、仕事終わりはフリータイム\(^o^)/

 

早寝早起きのリズムができる

また、朝早く起きて頭を動かして職場で仕事をして、、を繰り返すと、夜更かしすることもなく眠りにつけます。

というより、23時くらいにはもうおねむ状態。早寝早起き!健康的!

 

いい感じに目が冴える

朝に勉強といってもいつもより1時間早め起きるので、起きた時はとても眠いです(笑)

けど、家を出てカフェに着く頃にはしっかり目が覚めてて、勉強終わりに出勤したタイミングには完全に身体も頭も気持ちも起きています。

 

「プチプレッシャー」で集中力アップ

わたしであれば出勤時間がリミットです。

「8時20分までに●ページまで進める!」とプチプレッシャーをかけることで集中できます。

リミットがない中でする勉強はどうしてもダラダラしがちですが、朝のプチプレッシャーを利用します。

 

朝の勉強モチベーション=カフェのモーニング

朝に勉強する生活をスタートさせてから2、3日間はめっちゃ眠くてたまりませんでした(笑)

真冬なので起きても太陽は出てないし、とにかく寒いし。

朝に勉強ってめんどくさいなあって思ったのが正直なところですが、「毎朝カフェに行ったら美味しい朝ごはんとコーヒーが飲める」ことをモチベーションにしてみました。

 

カフェのモーニングでモチベーションアップ

勉強期間がたったの3週間ほどなので、ちょっとくらい贅沢してもいいかなという甘えです

カフェのモーニングは高くても500円以下に収まります。

  • 500円払って美味しい朝ごはん&コーヒーをいただける
  • 集中できる環境を借りれる
  • 勉強の効率が上がる
  • 身体のリズムも整う

朝カフェの費用対効果抜群。

 

毎晩「明日はどこ行こう?」と考えるのが楽しい

GoogleマップとInstagramを駆使してご近所の良さげなカフェ(といっても結局チェーン店になりましたが)を毎晩探してました。

朝から美味しいドーナツが食べれて幸せ^ー^

 

モーニングカフェの魅力

モーニングカフェの相場は400円弱。

どれだけ高く見積もっても500円以内にはおさまります。

キリよく500円と考えてみた、朝カフェの魅力です。

 

美味しい朝ごはんとコーヒーがいただける

サクッと焼いたトーストや野菜も食べれるサンドイッチなど、健康的で気分が上がる朝ごはんが食べれます。

本格的にドリップされたコーヒーも美味しい。

 

めっちゃ静か

朝の時間帯はお客さんが少なく、かつおひとりのお客さんが多いので静かです。

みなさん本を読んだり、仕事の資料を見ていたり、勉強している人が多いので自然と集中できる環境です。

 

広々と使える

人が少ない=混んでない。

お店によっては4人がけテーブルを1人で広々と使えることも。

 

朝カフェ勉強の費用対効果が良すぎ

毎朝カフェに行くことがわたしの楽しみになったので、朝早く起きることも勉強することも苦になりませんでした。

 

500円ワンコインあれば美味しいコーヒーとごはんが食べれて、お釣りがきます。

朝のカフェは人が少なくて静かで勉強もはかどります。

また、早起きをすることで身体のリズムが整います。

朝カフェの費用対効果が素晴らしい。

 

こんなこと言っておきながら、今週末の試験結果が振るわなかったらめっちゃショックなので、このブログ書いたことを糧にもう一踏ん張りします!

 

 

 

2月10日追記

合格しましたー!!!!!!!!!!!!イェーーーーーーーイ!!!!!!!

関連記事:勉強習慣ゼロでも大丈夫!〜生命保険専門課程試験に合格できました〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA