復職したいけどどうすればいいの?復職するかしないかのQ&A

こんにちは、らんちゃん(@dochan_r)です。

 

「復職しようかな、、」

「復職した方がいいのかな、、」

「復職しても周りの目が怖すぎる、、」

いやあ、不安ですよね。復職するかどうか、めちゃくちゃ悩みますよね。

休職していたらいずれ訪れる「復職しようかどうか問題」。

この問題に対して、どう向き合い、どう乗り越えればいいのでしょうか。

立ちはだかるさまざまな悩みを、わたしなりに答えてみます。

 

Q 復職か退職かどうすればいいのか分からない

A.答えはないです。でも悩んでるくらいなら、まずは「復職」の方向で考えていい

復職?退職?ここの判断、めちゃくちゃ難しいですよね。

でも「復職したい」という思いがちょっとでもあるのなら、まずは「復職する」という方向で考えていいのでは、と思います。

 

もし復職してもダメだった、、。

きっとそうなる可能性があります。でも、そうなったらまた休めばいいんです。

退職したら、もうその会社に戻れることはないので。

選択肢を残しておく方が、気持ちもきっと落ち着きます。

 

Q.休職なんかした身で、復職なんて恐れ多い

A.本来は「復職前提の休職」。恐れ多いなんて思わなくていい。

きっとこの悩みを抱えてる人は「復職をしたい」のですね。

そもそも、なぜ休職をしたのか?退職ではなく、なぜ休職をしたのでしょうか。

きっと「まだ働きたい」という気持ちがどこかにあったからではないでしょうか。

ここがポジティブな意味なのか、そうでないのかはさておき。

休職というワンクッションを置いてて、会社もそれを認めているのです。

ならば、「復職する」という方向で考えることに後ろめたさを感じる必要もなし!

 

Q.会社に迷惑をかけてしまった罪悪感で心がつぶれそう

A.迷惑はかかってます。でも休職してしまった後に考えてもしかたない。

人手がひとり減ったことによって、業務を割り振ったりする手間や残っている人たちの仕事量は増えます。

そうです、迷惑はかかってます。しかし、休職をしている「今」考えてもどうすることもできないです。

 

迷惑をかけてしまった申し訳なさはきっと誰しもがあります。わたしもありました。ほんっとに罪悪感で潰れそうでした。

でも、復職した時に「ご迷惑おかけしました」「また頑張ります」と伝えて、その姿勢を見せていけば、組織の一員としては合格です!

 

 

Q.わたしが戻らなきゃ会社がまわらない!

A.んなわけない!逆にそうなら、その会社やばい!辞めよう。

「辞められると困る」と言われたら、さっさと辞めなくてはなりません

なぜなら、たった1人の人間がいなくなると回らなくなるということは会社のシステムに致命的な欠陥があるからです。

今の状態はたった1人(つまりあなた)にシワ寄せが行きすぎている可能性が高いですよ。

「仕事を辞めないでくれと上司に言われて辞められない」と自慢してないでさっさと辞めましょう

 

もうおっしゃる通りで。会社という組織はひとり欠けただけで傾くようなもろいものではない(はず)です。

「君がいなくなると困るよ〜」なんて言われちゃう会社は危ない。

 

Q.復職しても周りの目が心配

A.正直「思っているほど」気にしていない

最初の1週間は「復職してきたのか」「やっていけるの、、?」という目で見られてた気がします。

でも、1ヶ月くらいすぎると、そんな目で見られてる感覚がなくなりました。まあここはあくまでもわたしの「感覚」なんですけどね。

 

Q.「復職します」となかなか言い出せない

A.復職に前向きになれないなら無理してる。今は復職しない。

実体験です。前向きじゃない復職は、いずれもっと心がつぶれます。

 

前職の時は

  • 「わたしが戻らなきゃ会社が困っちゃう><」
  • 「せっかく採ってくれた会社をやめるなんて、就活の努力を無駄にする><」
  • 「ほんまは会社行きたくない。今すぐやめたい。でも、戻らなきゃ、、」

 

という気持ちで嫌々、復職をしました。

身体そのものは会社に戻っても、気持ちは全く戻ってない。

頭では頑張ろうと思い、身体もなんとか復職しても、きっと最初はできます。が、気持ちがついていきません。

気持ちがついていかない状況が続くと、体調(身体)に影響が出ます。

負のスパイラルです。

結局、休職する前の状態に戻ります。危険です。

 

まとめ 結局のところ「自分はどうしたいの?」

最終着地点は「自分はどうしたいの?」なんです。

ここにたどり着くまでにめっちゃめっちゃ時間がかかると思いますが、、

時間をかけていいんです。

自分はどうしたいのか?考えるための休職なので!!

 

復職に関してさまざまな不安がありますが、

考えてもしかたのないことだったり「自分が思っているよりかは」まわりの目はそんなに冷ややかでなかった

というのがわたしの経験でした。

ぜひご参考までに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA