内定辞退はしてもいい

5年前就活生だった、あんちゃん(@dochan_r)です。こんばんは。

毎年恒例?この時期に良く見る言葉?

「内定辞退」

売り手市場(学生優位)の影響で、18年度春新卒採用の内定辞退率が6割を超えたとのこと。

市場が売り手になったことの影響は間違いないと思います。

 

わたしの内定辞退経験談

14年度春新卒の就活をしてました。2012年、大学3回生の12月に就活解禁(一応ね)。

就職氷河期なんて言われてた時期から少し光が出てきた頃。

ありがたいことに、3月に1社から内定を頂き、そのあとに辞退しています。

 

最終面接で「他に会社は受けてますか?」という質問に対しては、「あります」と返答。

「何社くらい受けてますか?」→「今はエントリーシート出してるところ含めると20社くらいです」と、正直に答えました。

 

”え?そんなこと言っちゃ内定もらえないんじゃ?”わたしもそう思いました。

が、嘘つけない性格のためw、余計なことは考えず答えました。で、内定。

内定頂いた後の面談でも、「第一志望の会社じゃないよ」「入社するかすぐ返事できないよ」とちゃんと匂わせていたので、
「ぜひうちに来て欲しいけど、就活は続けるよね?」と言う前提で話が進みました。超円満!

 

別に第一志望の会社があったわけではなかったけれど、もう少し就活してみたかったのが本音。

あと、内定もらったあとに発覚したことだったけど、中高時代お世話になった塾長の元勤務先だったことが分かり「超ブラック」と言うことを知りましたwwww

帰宅はの日付変わってるとか、塾長の在籍時代のパワハラ野郎が現社長&会長wwwww

結局、新卒で入った会社もも見事にブラックだったから、わたしの就活ほんとやばいwwwwww

呪われてるwwwwwww

わたしこんなブログ書いてる権利ないかもwwwwwwwww

1社目にの内定先に就職することはナシだと判断したので、5月に電話で内定辞退の連絡。

内定辞退をしたことで脅されるとか、質問攻めもなかったです。

 

就活状況は正直に言っておいた方が良い

あくまでも質問されたらで問題ないけど、就活状況については正直に話ししてOK。
(※あえて自分から言う必要なし)

「自分の会社に入ってくれるのかな〜」ってことは採用側がめちゃくちゃ知りたいところなはず。

とてもグレーなラインだけど、「就活状況」に関してはうまい具合に聞いてくる。

正直な話をしたことで不採用なのであればそこまでだったということ。

逆にそんな気がないのに「第一志望です!」「ここに絶対入りたいんです!」って嘘ついて不合格だった時のメンタルやばいと思う、個人的に(笑)

仮に内定頂けても辞退の可能性が高めなわけで、内定辞退の連絡をするときに無駄に怯えちゃう可能性もあるので、

就活状況について嘘はつかず、聞かれた内容に答えておくのが吉ではないでしょうか。

 

まとめ 就活生は内定辞退する権利があります

 

今は18年度春就活の大詰めで、19年度春新卒の就活生が動き出してるのかな?就活生っぽい子を良く見るから。

内定辞退なんてたぶんもう少し後の話だけど、自分主導(学生)で就活をして、
内定もらった複数社の会社から「どっこにしよっかな〜」くらいの感覚でぜひ就職先を決めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA