休職のあるある(まじめなお話)

らんちゃん(@dochan_r)です。

休職生活となると「毎日がお休み」となるので、普段とは違った生活になります。

そこで、今回は休職者あるあるをまとめてみました(ソース:わたし)。

共感いただけるものはありますでしょうか。

 

らんちゃん
あ、まじめなお話ですよ!一応!

 

光熱費が高くつきがち

週5で仕事に行っている生活からお家に居る時間が長くなります。

そうなると自然と増えていくのが電気代、ガス代、水道代。

微増程度ですが。

 

ゴミが増えがち

ゴミが増えるというのも、お家にいる時間が多くなるせいでしょうか?

す〜ぐゴミ箱がパンパンになる!

普通ゴミ(燃えるゴミ) は週1で出せば問題なかったのですが、休職していた頃はゴミ箱が1週間も耐えれなくなりました(笑)

週2のゴミ収集日できっちりゴミ出し。

週2ではあるけれど「ちゃんと朝の時間に起きる」というきっかけになってので、ゴミ収集日はありがたかった。

 

正しい服装がわからなくなる

普段は朝出勤して、夜に帰ってという生活のため「朝晩は冷える」ということがわかっているはず。

ただ休職になると外出をするとしてもお昼間であることが多くて、「朝晩が冷え込む」 の感覚を忘れてしまいます。

ゆっくり起きて、出かけるとしてもポカポカのお昼なので、、お昼に出かける感覚で夜に外出たら、くしゃみ止まらなかったです。

冬物コート着ていけばよかった。。

まじで何を着ればいいか分カラナイ。

 

さまざまな出費が増えがち

これはわたしが悪いのですが、、気分転換がてらスターバックスやマクドナルドによく行ってました。

出かけた先でパソコンを触ったり、本を読んだり、、。

家に居るばかりじゃ窮屈なので、ちょっと外に出てみたくなるんですよね。

スタバもマクドもたかが300−600円ほどの出費ですがちりもつもれば山となる、、というやつです。

 

めっちゃ人生見つめ直す

まあそのための休職ですからね。。

  • このまま仕事をしても大丈夫なのか?
  • 将来どうやって生きていこうか?
  • ってかわたしこのままの人生でいいの?

めちゃくちゃ模索します。時には落ち込みます。

ただ、どんな生き方したって悩みは尽きないし、きっと死ぬまで人生なんて模索しまくる。

休み始めた時は「戻れるのかな〜」「どうしよう」と不安でしたけど、

いざ復職をすると決めたら決めたで「受け入れてくれるかな〜」「やっていけるかな〜」とめっちゃ不安です。

休職する前だって毎日頭痛やよく分からない悲壮感に潰れそうでおかしくなりそうだったし。

元気になったらなったらでまた違うことで悩むんですけどね。

 

ネットのありがたみやばい

孤独なんですよ、休職って。

好きで休んでいるわけじゃないので、簡単に友達と遊ぶ気にもなれないし、繁華街に行くのもかなり躊躇します。

そんな時に、わたしはブログに出会って面白いブロガーさんや同じ境遇の方をネット経由で知ることができて、

Twitterとブログにどハマり。。

自分のブログも作っちゃった!

ネットによって寂しさと暇な時間を埋めてくれました。ありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA