投票行こう!と言うけれど、どの政党支持すりゃいいの?

あさって、10月22日は選挙ですね。

AKB48の選抜総選挙はなじみがあるけど(投票経験はないけど、テレビ中継はつい見ちゃう)

本家政治の選挙についてはなんかもうよくわからない。

テレビニュースで日々耳にする政治家の不倫と汚職とおカネの話がどうしてもインパクト強い。

政治に無関心ではないんです。自分が暮らしている日本はそりゃ良くなってほしい。

 

ただ、本音はどの政党がいいとか分からない。どこに投票しても一緒でしょ?

 

今の知識は与党と野党があることくらいで、どこの政党も一緒に見える。

いつのまにか、民主党がなくなった(分裂?)ことに驚いた。

お恥ずかしいながら、わたしは今それくらいの知識しかありません。

 

投票に参加しなきゃいけない!と言われる理由はめちゃくちゃよくわかります。

一票一票の投票が日本の未来を決めるのだから。

いろんな政党がそれぞれの方針・マニフェストを掲げております。

日本の今後の先行きが「投票」で決まる。

 

…と以前から分かってたものの、投票なんて行ったこと1回しかないんです。

20歳になって参政権をもらった嬉しさで投票行ったっきり、、

あれから6年。そんなわたしがもっと興味持とう、投票行こうと感じたのです。

 

「若者の投票率は低い」は、本当の話

グラフ見て、びっくりです。

11

※出典:総務省 国政選挙の年代別投票率の推移について

20代、ひっく!!!

最新の平成26年(2014年)データで20代の投票率が32.58%。

ちなみに60代58.28%でした。20代の人口は少ないからあてにならん!という言い分が通らないほどの数値。

今の政治は高齢者優遇の政策だ!なんて言われてますが、一票でも多くの票(=支持)が欲しい政党にとっては
「そりゃそうでしょ、高齢者の方が投票してくれるもん!」が本音ですよね。。

わたしが政治家でも、高齢者優遇の政策考えちゃうよ。。

 

「超簡単!政党フローチャート」が分かりやすい

と、若者の投票率は低いということもなんとなくぼんやり知ってたものの、だからといって、政治には興味はなく投票行くつもりも特にございませんでした。

そんな中、TwitterのTLにたかまつなな(@nanatakamatsu)さんが作った「超簡単!政党フローチャート」があり、これがとても分かりやすい。

ほー、なるほど!

憲法改正に賛成派・反対派があって、分かれた後もさらに消費税アップの賛成派・反対派に分かれ、さらに原発再稼働の是非についても考えが分かれてて、、

いろんな「問題」に対して賛成・反対の意見があって、政党ごとに政策方針を作っていて少しでも多くの有権者の支持を集めようと動いている。。

政治ってほんとうにほんとうに噛み砕くとこういうことなんだなということが、視覚的によく分かりました。

かなりざっくりのフローチャートですがなにも分かってない人間にとってはこれくらい噛み砕いてもらわないと理解できない。

(ちなみにこのフローチャートは炎上したらしいです。。なんでやねん。)

 

「政党比較サイト」使ってみた

「超簡単!政党フローチャート」でテンションがあがってもう少し政治について知りたくなりました。

あと、選挙に行こう! と。

ただ、あのフローチャートだけで支持政党決めちゃうのはさすがにまずいかなって思い「政党比較サイト」を使ってみました。

YESorNO方式でポチポチしていくと自分の考えと合う政党がどこなのかアドバイスしてくれます。

>>>日本政治.com 投票マッチング

>>>毎日新聞ボートマッチ えらぼーと

 

《投票マッチング》

15

《投票マッチング 結果》

43

《えらぼーと 結果》

15

《えらぼーと 結果(※3つの争点だけで比較》

今回は、皇族女性宮家・消費税増税・北朝鮮外交を選択。

32

 

このようにして、5分ほどポチポチしたら自分の考えに近い政党はどこなのかをアドバイスしてくれます。

なーんにも分からないわたしにとってはとてもありがたい。

各サイトによって結果のバラつきは仕方ないとして、比較サイトでいくつか調べてみたらかなり参考になりそう。

政党全部のマニフェストなんて読んでられないじゃないですか。

とりあえず、2つのサイトでマッチングした政党を2,3つピックアップして、マニフェストをあとでじっくり読んでみようかな。

 

「政治=むずかしい、わけわからん」から脱却して、参加しよう

自分が暮らす日本の先行きに無関心な人っていないと思うんですよ。

 

消費税増えるのやだ!

若者の雇用もっと増やしてよ!

年金将来もらえないとかマジ無理!

天皇の後継ぎで揉めてるけど、なんで?

北朝鮮にはどういう姿勢で対応するの?

 

なにかしら、興味・関心ってあるのではないでしょうか。

そして、最近気づいたのですが実感したことって全て政治・政策と強い関係がある。

 

現に就活を経験して、好況・不況の業界を知り、

前職で人材派遣会社で営業している中で雇用問題を目の当たりにし、

社会人になって自分で社会保険や雇用保険を払うようになりこんなに給与から引かれるの!?と泣きそうになり、

医療保障にはお世話になり(※通院中)、

ひとり暮らしを始めてスーパーで買い物をするようになり国産・外国産で値段違いすぎん?と驚いたり、、

 

「政治=むずかしい、わけわからん」から脱却して、参加しようと感じた、らんちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA