【講演会初参加】るってぃ講演会でビビっときたフレーズ3つ

大阪で行われた、るってぃ講演会行ってまいりました。

るってぃさん は プロ無職 です。

るってぃさんブログ >> ここから!

とか言いつつ、肝心のスライドの写真を一枚も撮っていないというばかたれです。まさか、今日のことをブログで記事を書くとは思ってなかった。。

るってぃさんのお話の中で印象に残ったフレーズを共有します。

 

「ストレスは未来の医療費」

今回の講演でいちばんズシっときた言葉。


仕事のストレス
→適応障害(自律神経失調症)→通院費・投薬費

「ストレスは未来の医療費」をまさに体現しているわたし(笑えない)

今、月2回の通院をしております。1回で2000-3000円かかっておりますので、ひと月5000円と計算。

 

ひと月5000円あったら、なにができるよ?

病気なってしまった過去は変えられないけれど、これ以上悪い方向に向かいたくないと強く思った。

自分の働き方、まじで改める。まずはストレスない生活をどう手に入れるか。

ストレスはないに越したことがないけれど、ストレスをどう減らすか。どう発散させるか。

参考記事 >>今の月給からプラス7万円なら誰でも確実に上げられる理由

 

「いつまでマサラタウンにいるの?」

マサラタウンとは、 ポケモンことポケットモンスターの主人公サトシが生まれ育った場所。

物語のスタートはこの地。マサラタウンに生息する野生のポケモンはレベル2~3ほどですよね知らない世界や知らない相手はたしかに怖いけど、いつまでも同じ場所に居たってなにも変わらない。

レベル2~3の世界にいつまでいるんだという話。

それじゃあどうして、同じ場所に居続けるのか?

理由は情報がないから勇気がないからではなく、情報がないから。

 

マサラタウンの話とつながるか分からないけれど、わたしは前職で 「仕事を辞めたい」とずっと悩んでました。

どうして、わたしが転職に なかなか踏み切れなかったか。

転職の「情報」がなかったから。というより、 「転職なんて無理」「新卒で入社したところを辞めるなんて」と思っていた節もあります。

でも、ふたを開けてみると 転職支援サイト(リクナビやDODAなど)には、求人が3ケタはありました(研究職・技術職などエントリー条件外は除く)。

また、ネットや先輩からお話を聞き、 新卒で入った会社を辞めて転職成功をしている人がうじゃうじゃいました。新卒で入社したからなに?という話です。

求人はある!転職はできる !という情報を得たから、 わたしも退職・転職活動に踏み切れました。

わたしの教訓:情報収集を怠らない。

 

一歩踏み出すために必要なのは、

ポジティブシンキングではなく、

ロジカルシンキングだ。

今、あなたが行動できていない理由は、

あなたが情報収集をサボっているせいだ。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [単行本]

「理論のバージョンアップ」をする

今回の講演の一番の要。

過去と今を学んでズレを埋めていく。過去にとらわれず、 過去の結果で判断せず、 過去の概念をうのみにせず、自分の理論を更新していく!

過去は歴史や本、ことばから学べます。でも、そこから得た知識・ノウハウ・概念が現代でも活きるかというと、答えは、NO。

過去と今って別物。過去にとらわれてはいけない。 「石の上にも3年」とか「とりあえず3年勤めよう」とか。

 

この古い理論がわたしを苦しめた要因でした。

ひと昔前は終身雇用が当たり前で、 入社すれば定年(当時60歳)まで雇用が続き、 年功序列の恩恵で収入源も安定。

ただ今は違う。終身雇用、年功序列は崩壊している。定年まで雇用が続くなんてありえない時代。収入源がある日突然なくなる(会社からクビ切られるとか) ことも考えられる。

 

また、転職市場も活発で、転職支援をする会社も増えて、中途採用を行う会社なんてたくさんある。

現代は過去とずいぶん変化しているにも関わらず、 あんだけ仕事や働き方に苦しんでいたにも関わらず、わたしの理論は 「とりあえず3年勤めよう」 「新卒入社できたのに辞めるなんてもったいない」。

理論のバージョンアップができていなかったから自ら負を招いてしまいました。

 

以上3つをピックアップして、わたしの経験も絡めてアウトプットしました。

 

余談 めっちゃ美肌

はじめて、るってぃさんとお会いしたときめっちゃ美肌!!!!と、感動し、ご本人に直接聞きました。

さすがに、 化粧しているお肌に水ぶっかけて終了というわけにはいかないので、

クレンジング不要のメイクに変えました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA