クレーマー対応中に『バカとつき合うな』を思い出して乗り切った話

日々、電話でお客様対応の仕事をしています、らんちゃん(@dochan_r)です。

みなさまご想像の通り、コールセンターに電話をされるお客様っていろ〜んな人がいらっしゃるのですが

本日「バカクレーマー」に遭遇してしまいました。とほほ。

 

クレーマーは時に「悪質」

 

自分の常識を振りかざす

らんちゃん
申し訳ございませんが、上席に確認いたしますので少々お待ちいただけませんか?
クレーマー
上司って誰だ!名前は!!
らんちゃん
上席は複数おりますので、相談できる上席に確認します。
クレーマー
そんなわけない!上司はひとりに決まってる!!!

 

話進まねえ。笑

上司はひとりに決まってるんですか!?そうなんですか!?

コールセンターっていう特性上、こういうややこしい案件の時にサポートしてくれる上司がまじで何人かいるんですよ。

10人くらい上司の名前を伝えても別に良かったけども笑

自分の常識を振りかざすな!

 

人の時間を奪う

時には相談の対応をしたり、真摯な内容のクレームは対応します。

なるべく希望にそえるように、時には陳謝します。それがわたしの仕事なので。

でも、”悪質”クレーマーは本来の業務ではないし、会社の規定上「上席にお願いできる(=わたしは対応しなくていい)」内容だから

 

らんちゃん

ちょっともうこれはあかん、上席にお願いしよう(涙)

 

って思ってたのになかなか電話を切らせてくれない!!

永遠に文句と暴言とよくわかんないアドバイス笑

あなたのせいで「ちゃんとした」お客さんに電話が繋がんないですけど!

わたしの本来の仕事が滞るんですけど!

 

善意と思って(?)アドバイスをしてくる老害

クレーマー
仕事ができないやつだな!もっとちゃんと頑張った方がいいよ!

って言われました。

いや、もはや、わたしへの嫌味だなこれ。笑

 

「嫌味な人」に振り回されないために

2018.04.12

 

暴言を吐く

クレーマー
仕事ができない奴!ボケ!!
クレーマー
上席さんっていう上司の名前?すごいね!

って笑われました。ハラタツw

いい歳した大人が顔も知らないわたしに暴言を吐き、トンチンカンな嫌味を言われました。

 

クレーマー対応中に『バカとつき合うな』を思い出す

個人情報の保護やコンプライアンスの抵触で契約者さんじゃないお客様にはどうしてもお伝えができなくて。

で、文句と暴言とよくわかんない老害アドバイスが続く悪質な方でした。

上司に転送させてくれないし、一旦電話を切っての折り返しも拒否。

たまたまあいてる上司が席離れててなかなか気づいてもらえなくて、

らんちゃん
ピーンチ!!!!!

だったのですが、ふと『バカとつき合うな』を読んだことを思い出しました。

 

イライラはしながらも、

  1. 自分の常識を振りかざすバカ
  2. 人の時間を無自覚に奪うバカ
  3. 善意のアドバイスが的外れと気づかないバカ
  4. 老害だと気づいていないバカ

 

らんちゃん
あぁこうやってホリエモンもキンコン西野もdisってたなあ。

と思い出しました。

クレーマー対応なのに「まともに相手しちゃダメだ!」と悟りを開いてしまった。

 

いつもはイライラするし、終わった後はトイレで休憩したりおかし食べたり、

まあ最悪泣いてしまうタイプのわたしなんですが(よくないクセや…)

今日はなんとか対応終わった後にすぐ次の仕事ができました。笑

(※上司に相談さえできないから自己判断で完結させて、事情ふまえて上司に事後報告した)

 

 

バカは反面教師、処世術が必要

あんまり適切な表現ではないけど、バカにまともにつき合うと疲れるだけ。

悪質なクレーマーだったけど、ちょっとだけ処世術が身についたかもと感じた
らんちゃん(@dochan_r)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA