20代が『10代にしておきたい17のこと』を読んだら共感ばかり

20代です。アラサーです。

らんちゃん(@dochan_r)です。

 

本当は20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)を読みたかったのですが、

何を間違ってか 10代にしておきたい17のこと』をダウンロードしてしまったー!www

 

Kindle電子書籍をダウンロード後しばらくして、間違えたー!!!!って気づいたのですが時すでに遅し。

どうせ暇なので『10代にしておきたい17のこと』を読んだのですが

共感できたりうなずけること、あーこれは10代の時に知りたなかったなあという内容がたくさんありました。

 

 

大半の大人は「何も考えていない」

大人ってなんでも知っててなんでもできて、すごい人って思ってませんでしたか?

親や先生、先輩、上司って人生経験も豊富で、

なにか悩み事があったら的確にアドバイスを知ってていろんなことに対する「正解」を知っている。と。

 

残念ながら違います。

わたしはこれに気づいたのが社会人になってからでした。。

 

大人は迷いながら生きている

90%くらいの大人は「迷いながら」生きています。

迷いながら生きている理由は「自分がなにが好きでなにが嫌いか」分からないから

 

大人が自分の「好き嫌い」を分かってない理由

学校でも家庭でも

  • 好き嫌いをなくせ
  • 嫌いなものも好きになった方がいい
  • 好きなことをするのは無責任

 

と教えられるんですよね。

人間なので好き嫌いがあって当然なのに「嫌い」って感情を持ってはいけないと植えつけられます。

 

嫌いなものをなくすと好きなものもなくなる。

 

ほんとその通り。

人間関係も同じで、好き嫌いがはっきりしている人を嫌う人が出てくるかもしれません。

でも同時に「好き」と言ってくれる人も現れます。

自分のことを嫌ってる人がいない!と言うことが「わたしは好かれてる」とイコールにはなりません。

 

「好き嫌い」の感度を高める方法

どんなときも

  • あれいいな
  • これは嫌だな

とアンテナを張ることです。

自分に正直になって。

 

大人はなにがやりたいか分からず生きている

自分の好きと嫌いが分からないと「人生でなにがやりたいか」分からなくなります。

 

らんちゃん
今のわたしやんけ!!!

 

著者宛によく来る悩みは「人生で何がやりたいか分かりません」だそう。

20代、30代からはもちろん、40代、50代、そして60代からも「人生で何がやりたいか分からない」。

 

らんちゃん
人生の目的がわからん!!!

 

人生でなにがやりたいか分からず生きている、つまり大人は「なんとなく」生きています。

 

学校で学んだ80%は役に立たない

うすうすお気付きの方も多いかと思いますが、、

改めて振り返ってみても

らんちゃん
学校で学んだことってそんなに役に立ってない

 

先生は実社会で揉まれた経験がない

これは決して先生をディスってるわけではないです。

今の学校教育は実社会でもまれたことのない先生が100年も前にできたカリキュラムを教えて成立している。

 

らんちゃん
現実社会では1年も前のサービスを提供したら即衰退やのに

 

学校教育の背景は工場勤務や軍隊

100年前は明治時代。工場勤務や軍隊の時代です。

学校に求められたことは上からの命令をなにも考えず黙々と行う人間を育てること。

言い換えると学校とは「意味のない勉強をなにも考えずにやるトレーニング場」です。

上司からの命令を黙々とするためには嫌いなこと嫌なこともYesと言える人間でなければいけません。

 

学校教育に関してはどういう背景があるのかをなるべく早く、遅くても中学生くらいには知っておいた方がいいんじゃないかなー。

先生や親の言うことをしっかり聞くお利口さんは、現実社会で潰れます。

らんちゃん
仕事は我慢なんて思い込みよ

 

 

学校教育の仕組みに関しては堀江貴文さんの『すべての教育は洗脳である』で

めちゃくちゃ詳しく書かれているのでオススメです。

 

自分がどこに属したいか?をよく考えて

人は自分が属するグループに強く影響されるので、

自分が将来どこに属したいかをよく考えてください。

 

人間関係で深くつき合うのは10人くらい

よほど意識しないと人間関係は広がらない。

統計上、人生で深く付き合うのはせいぜい10人くらいです。

10代の属するグループは学校と家族。

大人になっても会社(仕事)と学校にしか属していない人は実は多い。

その10人は同じような背景・思考・仕事・経済力の人たちばかり。

同じような人に囲まれる人生だから、良くも悪くもその人たちの強く影響を受けるのです。

属するグループの人たちのような人生を自分も歩むことになります。

 

グループが違うと世界が違う

大人になってからの仕事のグループを分類すると

  1. 会社員のグループ
  2. 起業家のグループ
  3. 教育者グループ
  4. 公務員のグループ

 

と分けられて、さらに会社員のグループなら

  1. 銀行勤めのグループ
  2. 不動産業界のグループ
  3. アパレルブランド会社のグループ etc

 

と分かれます。

グループの良し悪しではなく、グループが違うとノリも生き方も考え方も違います。

「自分の属したいグループはどこなのか?」を考えないとなんとなーくのグループに属して、

なんとなーくの人生を歩みます。

 

 

『10代にしておきたい17のこと』は20代も読んでほしい

本当は10代でしておくべき、気づくべき、知っておくべき内容が書かれた本なのですが、

20代でも知らないことだったり気づけてなかったりすることはたくさんあります。

タイトルの通り「10代向け」に書かれた本ですが、20代が読んでも遅くない。

 

らんちゃん
間違ってダウンロードしてもうた!どうせやし読もか〜。

 

くらいのテンションで読み進めたものがこんな名著だったなんて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA