電車やエレベーターで「降りる人優先」をしない人

電車通勤、割と高層なオフィスビルで働いてますらんちゃん(@dochan_r)です。

毎日電車に乗るし、毎日エレベーターにも乗ってると出会ってしまうのが

「降りる人優先」をしない(できない?)人!!!!

なんなんでしょうか、あれ。

らんちゃん
めっちゃ腹たつ。

 

「降りる人が優先」である理由

まずなぜ降りる人が優先なのかというと

  • 降りたい人が降りれなくなるから
  • 狭いスペースを空けるため
  • 「降りる人が優先」が効率的だから

 

降りたい人がいるにも関わらず我先にと乗ってしまうとドア近くが塞がって、降りたい人が降りれなくなりますよね。

降りる人と乗る人が電車ドア近くでアワアワしたり、無駄な時間も生まれます。

エレベーターは特に狭いスペースを共有しているため、降りたい人を先に下ろすことでスペースができて

ゆとりが生まれるし、乗りたい人がスムーズに乗れる。

「降りる→乗る」の順番の方が効率的ってちょっと考えたら分かるし、

親か学校かは忘れましたが「降りる人優先」と教えられて自然とそれが当たり前だと育ってきました。

 

「降りる人優先」をしない人が多くない?

大学通学から電車を使い始めて、今も通勤で毎日電車に乗りますが、「降りる人優先」をしない人(できない人?)が多くて本当にびっくりです。

そんな人に出会うのは週1、2ペースくらいで、これが多いか分かりませんが「またかよ」とイラっときます(笑)

先ほども言ったように、電車やエレベーターに関しては「降りる→乗る」の順番の方が絶対スムーズで効率的なんです。

というより、もはや電車やエレベーターに乗るときのマナーじゃないですか?

うっかりなのか、想像力が欠けてるのか、本当にそのマナーを知らないのか分かりませんが。

ちなみに、そういうマナーのない人は若い世代じゃなくて、比較的おじさん・おばさん世代に多い。

あなたたち大人に「降りる人優先よ」と教わった気がするんですが。。

 

ドア付近に固まるのもやめてほしい

電車だとよくアナウンスにもある「車両の中ほどまでお進みください」。

いやもうほんまそれなんです。

車掌さんのおっしゃる通り、中ほどまで進も??

なんでみんなそんなにドア付近が好きなの?って思うレベルにドア付近に人が固まります。

1〜2駅で降りるならまだしも、中ほどまで行った方がゆとりもあるのに。

ただ、満員電車とかどうしても中まで進めなくて、ドア付近に立たざるを得ないこともあります。

 

でも!

ドアが開いたときは!

端に寄って!

できたら一旦降りて!

とりあえず、降りる人を優先させて!!

 

ドアが開いてぶわああああ〜っと人が降りる時にドア付近で動こうとしない人はシンプルに邪魔なんです。

「端に寄る」とか「一旦降りたらいい」と考えてほしい。

で!

ドアが開いたときに付近で動こうとしないそういう人がいると、カバンやイヤホンがその人の服に引っかかってワタワタしたりするんですよ。

 

電車やエレベーターは「降りる人優先」

らんちゃん
ただの愚痴になってしまいました。

「降りる人優先」をしない人ってマナーがなってないというか、限られた空間を気持ちよく使うという考えはないのかな?

と、イライラしてしまう。

  • 先に乗ってしまうと降りたい人が降りれなくなる
  • 狭いスペースを空けないといけない
  • 「降りる人が優先」が効率的
  • マナーやで

 

p.s. 各電鉄会社様、マナー啓発ポスターをぜひ目立つところに貼ってください。

引用:阪急電鉄/マナー啓発運動

 

阪急電鉄さんのポスターはかわいくてちょっとシュール。もっと啓発してくださーい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA