自己啓発本を読んだことを無駄にさせないための方法

自己啓発本の読書って

  • 本を読んでも読んだだけで満足してしまう
  • 本を買っても読み切る前に飽きてしまう
  • 借りたら借りたで返す日までに読みきれない

 

せっかく読んでもイマイチ消化しきれてなかったり、読んで意味があったのかな?とモヤっとすることありませんか。

  1. どうやったら読んだ本をしっかり消化できるのか、
  2. どうしたら意味ある読書になるのか

 

わたしが数年試行錯誤してみました!

 

読書は「アウトプット」前提で読む

自己啓発本はとにかく、アウトプットすることを前提に読書をします。

読書そのものがインプットだったら、本の要約をしたり内容を綴ったり誰かに話すことがアウトプットです。

アウトプット前提で読書を進めていくと

  1. 本に書かれている内容を整理することができる
  2. 「相手に伝えよう」とするから自分で文章の内容を噛み砕く
  3. 「分かりやすく伝えよう」とするから自分の理解に落とし込める

 

ツイッターに投稿してアウトプット

本の感想や気づきを最大140文字にギュッと詰め込んでツイートします。

 

こんな感じで簡単にまとめるだけ。 一番簡単なアウトプットです。

 

 

ブログに書いてアウトプット

この本をもっと紹介したい、オススメしたい時は自分のブログに書いちゃいます。

Twitterのように文字数の制限がないので思う存分にアピールできます。

 

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は全20代女子が読んでほしい

2018.06.06

禅のお教え「無駄なものをなくす」と楽に生きれる〜『心配事の9割は起こらない』を読んで〜

2018.04.25

 

レビュー記事を書いてアウトプット

ブログやTwitterアカウントを持っていない時はAmazonのレビュー記事をよく書いていました。

レビュー記事はTwitterのように文字数制限がなく、ブログのように写真を載せたり太字にフォントを変えたりはできません。

ただ、レビュー記事は「この本どうなのかな〜読んでみようかな〜と悩んでいる人向け」とターゲットが絞られるので、

アウトプットデビューは読書のレビュー記事投稿でいかがでしょうか!

 

読書で得た知識を「行動」にする

読書をして読み終わった後は行動!これもアウトプットのひとつです。

本に書かれている内容で 「これいいな」「やってみよう」 と思える部分ってたくさんあると思います。

 

しかし!

せっかく芽生えた「これいいな」「やってみよう」の感情をそのままにしちゃうから、読書が無駄になってしまうのです。

「これいいな」「やってみよう」と思ったことはまず書かれているページを折るなり、簡単にメモるなりして、行動に移しましょう。

 

先ほど紹介した「レビュー記事を書いて、読書の内容をアウトプットする」という方法は

わたしが読んだ本『読んだら忘れない読書術』から拝借して実践したひとつなんです。

 

その他、わたしが読んだ本から行動にうつしたものは

  1. 頬がキレイだと顔全体がキレイに見えるから、頬のスキンケア・メイクを頑張る
    周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック
  2. 興味あるものにはチャレンジしてみる
    多動力 (NewsPicks Book)
  3. 普段使いの物ほどケチらない
    フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

 

「これいいな」「やってみよう」の感情はそのまま行動にうつすことで自分の力になるんです。

自分の新たな思考や行動指針になったり、知識が「自分のモノ」として身につきます。

ちゃんと行動にうつせば読んだ分の時間、本を買ったお金の分の価値が出てきます。

 

マーカーを引きながら読書をする

読書をする時にただ目で追うだけではなくて、気づいたことやなるほど!と思ったところにマーカーを引きます。

※線がガタガタなのは気にしないでくださいネ

マーカーを引くという行動をプラスすると脳が活発に動いて記憶に残りやすくなります。

マメな方は読書ノートというものを作って章ごとにまとめたりするようですが、そこまでいくとめんどくさいのでわたしはやりません(笑)

 

読書は最後まで読まなくていい

小説は最初から最後まで読まないとストーリーがわからなくなるのでこの方法は使えませんが、

自己啓発本は律儀に最初のページからから読む必要ありません。

興味あるページから読み進めていけば問題ないです。

興味がない内容なんて頭に入りませんし、読書そのものを面白く感じません。

自己啓発本は軽くストーリー仕立てにはなってますが、途中から読んだところで影響ありません(笑)

そして、全部読み切る必要もありません。

全ての章を興味深く読めるのが一番ですがそういうわけにもいかない時もあるかと思います。

興味がなければ飛ばしてOK。

なんなら途中で読むのをやめてもOK。

そうすると読書に対するハードルが下がります。

 

読んだだけで満足しなければ読書は無駄にならない

ただ読むだけ、読み終わったことに対して満足しているだけでは、せっかくの読書の効果は出ません。

  1. アウトプットをする(Twitter、ブログ、レビュー記事投稿)
  2. 本の内容を行動する、実践する
  3. マーカーを引きながら読書をすると記憶に残りやすい
  4. 興味あるページから読み進めて問題なし

どれかひとつ実践してみるだけで、読書の効果が出てきます。

わたしは実際に4→3→2→1の順番で実践しました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA