自宅にあるものでとりあえずの「仮防災グッズ」を考えてみた

2018年6月18日、大阪を中心に大きな地震が発生。

わたしの住む神戸も大きく揺れ(震度4)電車交通網は完全ストップ。

実家が大阪にあるのですが食器や鏡が大量に割れたり、祖父母の家はガスが止まったり(6月下旬には復旧予定)てんやわんやでございました。

 

ケガなく全員無事なのですがやはりこういう大きな地震を経験すると「防災グッズを準備しないと」と焦ります。

備えあれば憂いなし。とりあえず自宅にあるもので「仮防災グッズ」を準備しました。

 

注意

あくまでも「自宅にあるもの」で準備した「仮の防災グッズ」です。

不十分なのでたりないものは補充するように!

 



 

防災グッズ「食料」は事前に準備すべし

防災グッズといえば非常食。

家には非常食を準備しておらず、店頭やオンラインでも購入できませんでした(皆さん考えることは同じですよね。。)

落ち着いた段階でちゃんと準備しておきます。

そんな中で、

  • ペットボトルの水1本
  • ツナ缶

食料になりそうなものはこの2つしかございませんでした。

 

ひとり暮らしの一時避難用としては

  1. ペットボトルの水3本
  2. 菓子類(糖分)
  3. ゼリー状の食品

「火や水を使わずに食べれるもの」くらいは準備しておかないといけないと反省しました。

重すぎても持ち運びが大変なので「一時避難用」としてです。

 

防災グッズの盲点は「衛生グッズ」

防災グッズといえば食料に目が行きがちですが「衛生面」は盲点ではないでしょうか。

わたしは防災グッズとして衛生面のことを考えたことがなかったです。

災害時はケガがなくてもそのあとに病気に感染して命を落とすケースもあるようで、避難した後も衛生的にすごせるかどうかは大事なところ。

避難所であれば最低限の食料が準備されるとは思いますが、衛生グッズってどうなんだろう、、支給されるのかな。。

 

汗拭きシート

シャワーはおろかお風呂で汗を流すことはなかなか難しい。

汗拭きシートがあれば身体を清潔に保つことができます。

 

甘いフルーティーな香りもあります。

ウエットティッシュ

避難時は水を満足に使うことができませんのでウエットティッシュもマストグッズです。

 

生理用ナプキン

突然やってくる生理。汚いナプキンをずっとつけておくのは嫌ですよね。

1ヶ月分(10個くらい ※個人差あり)くらいは防災グッズとして持っておくべしです。

防災グッズで「身の安全」を守る

大きな揺れがおさまった後、身動きが取れる状態であればその場から逃げないといけません。

 

スニーカーと靴下

スポーツジム用にクローゼットにあったスニーカー(もうスポーツジム行ってない)を避難用のシューズとして使うことにしました。

ベッドの下に忍ばせていざという時にすぐ履けるように準備です。

 

バスタオル

バスタオルがあれば拭いたり包んだりできます。

寒い時に羽織れば暖が取れます。

 

スマホとスマホの充電器

いまやネットの時代。

情報収集や家族・友人と連絡を取るためにはスマホが必要です。

極力充電切れを防ぎたいのでスマホの充電器も持っておかなければいけません。

 

あくまでも仮の防災グッズ、防災グッズは事前に準備しよう

あくまでも「仮の防災グッズ」として

  1. ペットボトルの水(500ml1本だけ)
  2. ツナ缶
  3. 汗拭きシート
  4. ウエットティッシュ
  5. 生理用ナプキン
  6. スニーカーと靴下
  7. バスタオル
  8. スマホとスマホの充電器

この8つがリストにあがりましたが全然たりませんね。

  1. ペットボトルの水(せめて2リットル1本)
  2. 懐中電灯
  3. 非常用トイレ

せめてこの3つは揃えておかなければ危ないです。

備えあれば憂いなし。もしものことがあった時にすごしていけるよう「防災グッズ」をしっかり準備しておきましょう。

 

(その他「最低限必要な」防災グッズがあれば教えてください!)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA