映画館で映画を観る魅力はなんだろうか

時々「映画が観たい」欲に駆られる、らんちゃん(@dochan_r)です。こんにちは。

週1映画!映画通!という映画好き人間とは言えないけれど、なんかたまーに「映画館で映画観たいなあ」って気持ちになります。

わたしの中で映画館といえば、アイドルのコンサートのライブビューイングを観るための場所という認識でしたが、
ここ最近は「映画を観る場所でもある」とちゃんと思うようになりました(笑)

いまどきの映画なんて3〜4ヶ月すればDVD化されてレンタルできるし、1年も経たないうちにテレビロードショーされる時代。

Amazonプライムで無料で観れてしまうこともあります(会員登録は有料です)。

そんな時代でも映画館は潰れることなくありますし毎日新しい作品がどんどん世の中に出てきますが、
「映画館で映画を観ることの良さ」ってなに?って考えてみました。

 

映画は1000円台の娯楽

定価だと1800円ですが、わたしの場合は定価ではまず行きません(笑)

公開初日に観たい!って欲がないので、割引適用されてるタイミングで問題なし。

割引がきけば1100円で一本の映画が観れてしまう。

一本の映画を観賞するのに定価1800円として考えても、映画館や映画の製作会社は元が取れてるのか心配になるレベル。

本一冊分、美味しいランチ1回分と同じくらいで楽しめる、娯楽のひとつだと思ってます。

 

映画館なら異世界へ入りこめる

映画館の大きなスクリーン、暗い照明、家じゃ味わえない効果音、ふかふかのイス、、映画館で映画を観ている2時間は異世界に入りこんだ気分。

恋愛映画を観てほっこりキュンキュンするもよし、コメディアニメ観て大声で笑うもよし、ファンタジー映画を観て号泣するもよし。

わたしにとって映画館で映画を観ることっていつもの現実世界からちょっと違う世界にひょいっと行って、
感情移入して楽しめる空間なんです。この時間がとても好き。

現実世界が嫌いってわけじゃないけど、ちょっとの時間だけでも忘れたい!
ってときってあるじゃないですか!ええ、あります。

映画ひとつで感動もあれば考えさせられることもあり、さまざまな感情を震わせてくれます。

 

映画館は映画だけに集中できる世界

映画館って映画を観ること以外できません。強いて言うならドリンクとかポップコーン食べるくらい。

周りの人もみんな映画に集中してます。

映画を観ること以外はできない環境だから、映画「だけ」の空間だから映画の世界に浸ることができます。

食事に行ったらスマホを触ったりするだろうし、家で本を読んでたら家事が気になったり、
カフェに移動しても話し声だったりスマホの誘惑がどうしてもあるんですよね。

でも、映画館で映画を観ることに関してはほんっっとに「映画だけの空間」を作ってるからどっぷり世界に浸ることができます。

恋愛映画を観ていれば切なく苦しくなりながらもほっこりキュンキュンに集中できて、ファンタジー映画を見ていたら現実とは違う異世界にどっぷり浸れる。

邪魔するものがなにもない!

 

映画館で映画鑑賞のデメリットも考えてみた

つまらない時がめっちゃ退屈

やっぱ全てが全て面白い作品だとは限りません。

「これはつまらん、、眠い、、」「このあと面白くなるから、頑張るぞ、、」と必死で耐え忍ぶこともあります(笑)

自宅で観ていたら消せばいいだけの話ですが、映画館となるとなかなか出るのは勇気が必要ですよね。

 

トイレが近くなった時が大変

もちろん映画が始まる前にトイレは絶対済ませるのですが、映画途中でうおおおってなってしまう時もたまにありますwwww

一時停止ボタンを押してサッとトイレに行くことは難しいので、映画館で観る時はドリンクを極力飲まないようにしてます。

ポップコーンを食べると飲み物を欲するので、ポップコーンを最近買わなくなりました。

 

「映画館で映画を観ること」は特別

この記事を書いていて、映画館には映画館の良さがあるなあって思いました。

  1. 映画館での映画鑑賞は1000円台の娯楽
  2. 映画館だからこそ映画の異世界に入り込める
  3. 感情が震えたり、満たされることもある
  4. 映画の世界だけに集中できる

 

映画ってDVDレンタルもテレビロードショーもオンライン視聴もわりとすぐされますが、
たまには映画館での映画鑑賞もいかがでしょうか\( ˆoˆ )/?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA