お弁当作りが続かない?気楽に続けるコツ。

お昼ご飯はもっぱらお弁当派のらんちゃん(@dochan_r)です。こんにちは。

実家を出てひとり暮らしを始めたので、朝の時間に余裕ができた&食費を抑えるためにはじめたお弁当作り。

1年以上思考錯誤したら「お弁当のカタチ」できてきて、もうほとんど何も考えずにお弁当作りができるようになりました。

お弁当作りというと「続かなさそう」「大変そう」「めんどくさそう」のできなさそう感MAX3拍子ですが

  • 毎日作らなくていい
  • メニューは固定化
  • ちょっとでも楽をする

これでクリアです。

 

お弁当は毎日作らない、だから続く

お弁当作りは毎日じゃなくていいんです。仕事終わりに直帰せず帰りが遅くなるときやどうしても家におかずがないときは潔く諦めます。

わたしも毎日は作っておらず「週4でお弁当」という目標にしております。

いきなり毎日となると肩肘張って大変なので、初めは週3くらいでいいと思います。これが継続的にできれば「続かない」は解決できます。

 

手作りお弁当のメニューは固定化

わたしのお弁当の中身はほぼ変わりません。

【梅干しご飯+ブロッコリー+プチトマト+たまご+おかず】とメニューを固定化させてます。

見て頂いたら分かる通り手の込んだお弁当ではありません(笑)

梅干しごはん

日の丸弁当です。白いご飯に梅干しをのせて完成。梅干し大好きなので毎日でも飽きません(笑)たまに白ゴマをふりかけてます。

梅干しには殺菌作用があるのでこれからの食中毒の季節にもありがたい。

 

ブロッコリーとプチトマト

お弁当に入れておけば彩りも良くなる優秀な野菜。冷蔵庫には常にブロッコリーとプチトマトがスタンバイしております。

ブロッコリーは軽く塩茹でして3−4日分くらいストック。お弁当の隙間に挿すようにして入れています。写真は塩茹でしただけのものですが、余裕があればポン酢和えをしたりマヨネーズ和えをしたり。

プチトマトは入れればOK。

 

ゆでたまごorだし巻きたまご

たまごも入れるだけでお弁当の彩りが良くなる優秀なおかず。ゆでたまごを作り置きして入れることが多いです。

 

晩ご飯の残りor作り置きおかずor冷凍食品のおかず

ひとり暮らしなのでおかずを作れば余ります。そんなときはお弁当のおかずになります。

入れれそうなおかずがない時は(ないことが多い)冷凍食品の唐揚げやコロッケを使います。冷凍庫の中に2種類くらいのおかず冷凍食品がストックしてます。

 

お弁当作りは「楽する」が勝ち

お弁当作りを続けるためにはなるべくめんどくさいことを省くことが大事です。

 

お弁当箱とお箸は2セット用意

お弁当作りでめんどうなことと言えば「洗い物」ではないでしょうか。

疲れて帰ってお弁当箱を洗って、朝起きて詰めてというのは毎日続くとなかなか大変。なのでお弁当箱とお箸は2セット用意して交互に使ってます。

2セット用意しておけば「すぐ洗う」必要ないのでかなり気楽。そして2セット準備しておけばお弁当の作り置きが可能。

日曜日に2日分のお弁当を作っておけば、月曜日と火曜日のお弁当作りはサボれます(笑) そして、週中にもお休みがあるのでまた2日分を作ってしまいます。

 

冷凍食品には頼る

全部手作りである必要は全くなし。ガンガン使ってます。

冷凍食品は手頃で美味しいし、最近は自然解凍できるものも増えました。スーパーで特売していることも多い(笑)

 

お弁当作りはもっと気楽でいい

誰かに振る舞うわけでなく、自分だけの食事。見栄を張る必要もなければ、ちゃんと栄養を摂ってかつお腹を満たせればいいのです。

「続ける」となると「毎日やらなきゃ!」「全部手作りしなきゃ!」と思いがちですが、完璧を目指して途中でやめてしまうのと、「まずは週4」「冷凍食品も頼る」と少しゆるい感じで1年以上続くのだとどちらがいいでしょうか。

こんな感じでゆるく自分のペースでお弁当作りもいいと思います。

インスタ映えするようなお弁当ではないけれど(お弁当箱はタッパーやしw)無駄な食費を抑えられるし、添加物取り過ぎも防げるし、お弁当作りが形になってきてよかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA