転職先に求めるその条件、本当に必要か?

転職をしようとした時って

  • どんな働き方をしたいか
  • どんな職種・業種がいいか
  • こんな環境は嫌だ! etc

転職先に対しての条件がたくさん出てくると思います。

そりゃそうですよね。転職って一大決心。失敗したくないですから。

 

転職先の条件を出していくことはもちろん重要です。

わたしも転職をする時は「転職条件リスト」というものを作って転職活動を始めました。

関連記事:【転職活動スタート】転職条件リストを作ろう!

ただ条件が多すぎると「そんな会社がない…」と転職先が決まらないどころか、そもそも応募したい企業が見つからなくなってしまいます。

自分が作ったリストを眺めてみて、「本当にそれ要る?」という条件はありませんでしょうか?

 

転職の条件として「土日休み」でないと本当にダメか?

わたしはもともと土日休みの会社を探していましたが、真っ先にリストから外しました。

理由は「土日休みでないといけない理由がない」から。

冷静に考えてみたら土日が休みだからといって特別メリットがないです。

  • 平日休みの方が人混み避けて遊べるんじゃない?
  • 月〜金の5連勤をしなくていいってよくない?

などなど、むしろメリット多いやん!!!ウヒョー!!ってなりました(笑)

関連記事:平日休みって敬遠してない?メリットだらけやで!

 

転職の条件として「正社員以外」も視野に入れる

結局わたしは正社員として転職先が決まり今もその職場に勤めてますが、自分の今までの働き方を考えてみたときに

「正社員だったから求められるものが多くてキャパオーバーした」「正社員だったから定時なんてなかった、残業(休日出勤含む)も当然で仕事をしてた」と
「正社員ならではの弊害」も感じました。

もちろん有期雇用(契約社員とかアルバイト)と比較すると雇用は守られて、賞与ももらえます。

ただ転職する!と決めた当時は、残業・休日出勤が本当に嫌で。

「もしかして契約社員だったら残業がなくなるんじゃない?」って思いました。

残業大嫌いすぎてブログにも書きました。笑

関連記事:「無意味な残業」は失うものだらけ

 

本当に必要な転職の条件かもう一度考える

求める条件が少なければ少ないほど、対象になる求人案件は増えます。

転職の求人案件を見てなかなかマッチするものがない場合は、求めてる条件が多すぎます。

ぜんぶぜんぶ希望通りの転職ができると言うと残念ながらそうではありません。

そんな時は今一度「本当に必要な転職の条件なのか?」と考えてみてください。

わたしは実際に「土日休み」にこだわらず仕事を探していたら「30人募集枠があるコールセンター」の仕事を転職エージェントから紹介されました。

体感しましたが、対象の範囲を広げれば広げるほど求人案件は見つかりやすい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA